株式会社岡本ステーブル

牛久の競走馬の調教なら株式会社岡本ステーブル | サービス

お問い合わせはこちら

サービス

専門性を持ったサポートで競走馬を調教

SERVICE

競走馬の調教はもちろんのこと、馬のケア、馬主サポート、騎手教育など、競馬業界に関連する幅広いサービスを提供します。それぞれのサービスは、専門性と情熱をもって取り組む熟練のスタッフによって提供され、それぞれの馬と馬主様の成功に貢献します。それぞれの内容や目的、具体的な実施例などを説明しています。また、どのようなサポートをしているのかを理解いただけます。


レースで力を発揮するために丁寧な馴致

デビュー前の期間は、馬にとって最も重要なステップであり、準備には丁寧な馴致が必要です。一頭一頭の馬と向き合い、その特性や能力を見極め、最適な馴致を行います。トレーニングは馬が自信を持てるように、少しずつ難易度を上げ、馬がストレスなく新しい環境に適応するために支援します。デビューを迎える日まで、最高のパフォーマンスを発揮できるよう全力でサポートいたします。

スキルや心身ともに力を付けてデビュー

競走馬の調教は一日一日が大切で、その積み重ねが結果となります。そのため、デビュー前の馬の体力やスキルの向上を目指すだけでなく、競走時のストレスに耐えられる心身の強さも同時に育てます。優れた調教スタッフが馬の特性に合わせたプランを作成し、自信を持ってレースに臨めるよう指導します。これらプロセスは、デビューしてから最高の力を発揮するための重要な土台となります。

ケガした馬を手厚く迎え入れてサポート

競走馬は高いパフォーマンスを発揮するためには、適切な休養とケアが不可欠です。特にケガをした馬に対して、回復に最善を尽くすために受け入れています。ケガの程度や馬の体調を考慮し、最適なリハビリテーションプランを立てます。心地よい環境で安心して休めるように、快適な厩舎を提供します。また、健康に回復し、再びレースでの活躍を目指すためのサポートを惜しみなく行います。

世話に負担のかかる馬も柔軟に受け入れ

管理の手が届かない状況にお悩みの馬主様に、手厚いサポートを提供しています。管理の負担が大きすぎる場合や、特殊なケアが必要な馬をお預かりします。丁寧なケアと専門的なスキルで、それぞれの馬の潜在能力を引き出します。トレーニングでは、馬たちが健康で、かつ競走力を維持しながら活動するよう、最善を尽くしています。日頃の体調管理や、怪我予防にも努めています。

疲労やケガによる休養の要請にも対応

馬が最高のパフォーマンスを発揮するためには、十分な休養が必要であると考えています。そのため、休養を必要とする馬の預かりを承っております。馬一頭ごとの健康状態やニーズに応じて、最適な休養計画を提供します。快適な環境での休養は、馬の精神的にも身体的健康を保つためにも必要不可欠です。また、休養を通して、次のレースに向けた活力を取り戻すサポートも行います。

ケガの早期発見から手術後のケアまで対処

レースでのケガは馬にとって大きなトラウマとなりますが、そのような状況でも馬のケアを惜しみません。ケガの早期発見から手術、リハビリ、休養までの一連のサポートを一貫して行います。適切な手術とリハビリテーションにより、ケガから最良の状態で復帰するための支援をします。また、安心して休養する環境を提供し、馬が完全に回復し、再びレースに出走するために全力でケアします。

競馬学校を目指す子どもに向けた指導

競馬の世界は厳しいですが、それだけに成功したときの喜びも大きいものです。中央競馬の騎手を目指す若者に対して、高い技術と豊富な知識を備えたプロのインストラクターが指導にあたります。馬との深い絆を築くための基本的な技術から、レースでの戦術までを学び、真のジョッキーに必要なスキルと心構えを勉強します。土日や休日を使い、馬と肌を触れ合って学べる絶好の機会です。

レース特有のゲート練習施設も完備

発馬することはレースで成功するための重要な要素です。そのためのゲート練習においては、馬の心地よさを最優先に考え、恐怖心なく発馬するために、丁寧な指導を行います。不安を感じる馬に対しては、徐々に慣らしていき、小さな成功体験を積んで、発馬をサポートします。競馬の世界で活躍するために、必要な練習方法を常に考えています。

体力を向上させる坂路トレーニング

牧場には全長400メートルの坂路を備えており、馬たちの体力向上とスタミナ向上のためのトレーニングを行っています。坂路トレーニングは筋力の向上だけでなく、バランス感覚の向上にも効果があります。馬たちが最大限に能力を発揮するための設備を導入しています。馬の能力を最大限に引き出すため、トレーニング施設と専門的な指導を活かして日々励んでおります。

目的に合わせた走路でトレーニング

競走馬の訓練には、広々とした走路が不可欠です。施設では、1周500メートルと700メートルの二つの走路を用意しています。それぞれの距離には特徴があり、馬によって適したトレーニングが異なります。500メートルの走路は、操縦性とパワーを要求される訓練に適しています。一方、700メートルの走路は、持久力と心肺機能を強化するトレーニングに最適です。

人馬一体を目指すために信頼関係を構築

角馬場は、馬と騎手が一体となるための重要な訓練場となります。20メートル×30メートル、20メートル×60メートルの2つの角馬場を用意しています。馬と騎手が互いに信頼関係を築き、一体感を養います。小さな角馬場では、細やかな操作が要求され、騎手の技術向上に貢献します。一方、大きな角馬場では、ゆったりとした運動により、馬の心地よさを保っています。

最大15頭の馬を一度に受け入れ

施設では、一度に最大15頭までの馬を預かっています。各馬房は清潔で快適に保たれており、馬たちが健康的に過ごせるよう配慮されています。各馬が十分な休息を取れる環境を提供することで、常に最高の状態で訓練に臨めるようサポートしています。ただ馬を訓練するだけでなく、コンディションの管理や維持、一足早く異変に気づけるように担当馬制度を採用しています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。